ホーム採用情報トップ社員紹介 > 堀部 大地(車両事業部 若葉台事業所 整備所 第三整備担当)

社員紹介

堀部 大地 (車両事業部 若葉台事業所 整備所 第三整備担当所属 / 2012年入社 / 専門学校卒)

やりがいある技術職で地域社会に貢献

業務風景当社は、京王線・井の頭線だけでなく、都営地下鉄や新交通、地方鉄道など、全国の鉄道車両の整備・改造工事を手掛けています。

子どもの頃から鉄道関連の職業に関心があった私は就職活動中に当社に出会い、さまざまな経験を積んで広く社会に貢献できる当社の技術職に魅力を感じ、入社を決めました。

 

現在、私の所属する「台車第三チーム」では、車両の連結器や緩衝装置を始め、ブレーキや駆動装置など電車の足回りである台車関連の部品整備を行っています。中でも、私は、京王線の連結器・緩衝装置の整備を主に担当しており、具体的には、装置を車両から取り外して各部品に分解したのち、洗浄・測定・磁粉探傷・塗装を経て組み立て、再度、車両に取り付けるまでの整備工程に関わっています。

 

業務風景入社してから4年目になりますが、これまでに電機関連(パンタグラフ、ワイパー、バッテリー、行先表示器、ブレーカー、乗務員室および客室内のヒーターや照明等)の整備職場のほか、新交通ゆりかもめの出張作業も経験しました。

 

自分たちが整備した車両がお客さまを乗せて元気に走っている姿を見るたび、地域社会への貢献を実感し、さらに頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

今後も、より多くの業務に携われるよう資格取得にもチャレンジしていきたいと考えています。


 

メリハリのある社会人生活を心がけて

業務風景業務において、いつも心がけているのは、「安全第一」です。職場の先輩・後輩と協力し合い、緊張感を持って作業に真剣に取り組んでいます。

一方で、休日には、好きなアーティストの音楽ライブに友人と出掛けリフレッシュするなど、メリハリをつけた生活を送るようにしています。

 

社会人になると、学生時代とは環境が大きく変わります。自分で判断して行動しなければならない機会も増えますので、学生の頃から「自ら考えて行動すること」や「何ごとにも積極的に取り組む姿勢」を心がけることが自らの成長につながると思います。

また、「熱中できる趣味を持つこと」も、バランスの取れたよりよい社会人生活には必要だと思います。  

 

 

<< 車両事業部 若葉台事業所 整備所 第三整備担当の職場紹介を見る

 

<< 社員紹介トップに戻る

 

PAGE TOP