不動産開発・運営

  • HOME
  • 不動産開発・運営

街を、人を、暮らしをつなぐ

社有地の有効活用をはかるため、京王線笹塚駅隣接の複合施設「メルクマール京王笹塚」および
塩尻事業所隣接地の商業施設「京王塩尻kePio」を開発・運営しています。

メルクマール京王笹塚

  • メルクマール京王笹塚 全景

    2015年3月、京王線笹塚駅に隣接する社有地約4,800㎡に、高さ約93m、地上21階地下2階建、延床面積約38,400㎡の「メルクマール京王笹塚」を開業いたしました。

    1~3階は商業施設「フレンテ笹塚」、4~8階は賃貸オフィス、10~21階に236戸の賃貸マンションで構成する複合ビルは、優れたBCP機能と耐震性能を兼ね備えたほか、敷地の30%を空地とするなど地域の防災性向上や活性化等、安全・安心で快適なまちづくりに寄与する施設です。
    4階には渋谷区立笹塚図書館と、京王重機整備本社も入居しています。

  • 「メルクマール京王笹塚」ネーミングの由来
    メルクマールはドイツ語で「目印」「指標」を意味します。笹塚の地名の由来である「一里塚」を象徴する語であることから、当施設の名称にしました。
    新たなライフステージへと発展していく笹塚の街のランドマークとして、またその発展の起点として機能する施設になりたいという思いを込めています。

京王塩尻kePio

塩尻事業所隣接地で商業施設「京王塩尻kePio」を運営しています。
2007年に開業した家電量販店、レストラン等に加え、2014年には新たに食品スーパーが開業し、より利便性が高まりました。

京王塩尻kePio

「京王塩尻kePio」ネーミングの由来
「keio=京王」の間に「Person」そして「Pertner」の頭文字「P」をはさむことで、当社と周りの人々がともに集い、ともに支えあうことを表現しています。
京王塩尻kePio 全景

PAGE TOP