鉄道車両の整備・保守

  • HOME
  • 鉄道車両の整備・保守

あたりまえの安心を、
つくる、まもる

京王電鉄(京王線・井の頭線)車両の定期検査(全般検査・重要部検査)をはじめ、公営交通や全国各地の鉄道事業者の車両整備・保守を行っています。
整備内容は、車体、台車、車輪、駆動装置、主電動機、空気ブレーキ装置など多岐にわたります。

そのほか、各専門技術に精通した社員による出張作業や、整備工程の作成・管理などのご要望にもお応えしています。

車体と台車の結合作業

京王線・井の頭線

  • パンタグラフ整備
    パンタグラフ整備

    京王線は車両から取外したパンタグラフを若葉台工場にて、井の頭線は若葉台工場富士見ヶ丘作業場にて整備を行っています。
    京王線・井の頭線共に菱型パンタグラフから、降雪時でも架線に対する追従性の良いシングルアームパンタグラフにすべて置き換えられています。

  • 主電動機整備
    主電動機整備

    京王線・井の頭線あわせて、年間400~500台の主電動機の点検・整備(全般・重要部検査)を行っています。制御装置更新により直流電動機は淘汰され、現在では交流電動機のみとなっています。

  • 電気部品整備
    電気部品整備

    車両から取り外した主幹制御器(マスコン)や遮断器、また、制御装置・補助電源装置などの電車を制御する装置を始めドア開閉用車掌スイッチまで、電気回路すべての装置・部品の整備を行っています。

  • 車輪旋盤による車輪削正
    車輪旋盤による車輪削正

    車両の車輪を適正な形状に保つことは、安全・快適性の面で非常に重要です。雨天時のブレーキ等により、車輪外周の一部が削れてしまうとフラット(キズ)が発生してしまいます。正規の形状が保てなくなり、走行音が大きくなってしまった車輪は車輪旋盤で削正し、適切な状態に戻します。
    若葉台車両基地では京王線のほか、井の頭線の車輪も削正しており月間約60両の車輪削正を実施しています。

  • ゆりかもめ様

    ゆりかもめの定期検査では、CI(Converter-Inverter)制御装置や集電装置などの床下機器から客室内の保安装置や戸閉装置をはじめ車両全般の電気機器やサービス機器の分解整備を行います。
    整備完了後に各種機器類の単体試験や編成後の総合試験を行い、お客様へ安全・安心な車両を提供しています。

  • 横浜シーサイドライン様

    横浜シーサイドラインでは、VVVF装置、集電装置やブレーキ制御装置、また、車体内外の状態、損傷の点検の他、総合的な車両の検査を行っています。
    総合試験では各種機器の機能や動作の確認、各計器の指示確認や補正作業を行います。

車輪交換にともなう調整作業

技術力の進化と深化

鉄道車両の多種多様な軌間や踏面形状に対応する車輪削正や車輪交換などの輪軸の整備、東京都交通局大江戸線・新宿線の台車整備(全般検査・重要部検査)をはじめとしたさまざまな台車の点検整備のほか、鉄道車両用冷房装置の点検整備も実施しています。

また、徹底した品質管理を図るべく、北野事業所では、鉄道車両の台車、輪軸、駆動装置、車両装置等の整備について、他部署に先がけてISO9001の認証を2003年11月に取得しています。

  • 車輪削正
    車輪削正

    営業線を走行し摩耗した車輪は、車輪旋盤を使用して車輪外周を元の形状に削正することで、走行時の騒音防止や車両の乗り心地を保っています。

  • 車輪交換
    車輪交換

    車輪削正の限度を超え、直径が小さくなった車輪は、プレス機にて新しい車輪に交換(嵌め換え)を行います。

  • 駆動装置分解・整備
    駆動装置分解・整備

    車輪・車軸の駆動部となるギヤケースを分解・整備し、内部のベアリングや歯車の状態を点検します。

  • 車軸超音波探傷検査
    車軸超音波探傷検査

    車軸の端部に超音波探傷器のセンサーを当て、発信した超音波の波形を確認することで車軸に傷の無いことを検査します。

冷房装置専用の試験室を
完備しています

車両用冷房装置試験室では、冷房装置使用時期と同様な環境を作り出し、実際に冷房装置に動力を供給し動作させ、吹出した冷風の温度、湿度、風量、また、動力供給時の電流・電圧値の測定等、冷房装置全般の性能試験を行います。
これにより、当社において、冷房装置の組立てや、オーバーホール完了後の最終検査を実施し、高品質の安定化を図っています。

冷房装置試験室(外観)
  • 冷房装置内モーター分解・
    組立作業
    冷房装置内モーター分解・
    組立作業

    冷房装置内の送風機モーターは定期検査毎にベアリング交換を行うため、専用治具を用いて分解・組立ての整備を行います。

  • 冷媒配管ろう付け作業
    冷媒配管ろう付け作業

    冷房装置内のコンプレッサー・熱交換器などの主要な機器を交換する際は、銅配管をロウ付け(ガス溶接)で接合し、ガス漏れのないよう確実な作業を行います。

  • 冷房装置 点検作業
    冷房装置 点検作業

    工場で整備された冷房装置は冷房装置試験室内で動作試験を行い、冷房機器の外観、および異音や振動のないことを点検します。

  • 冷房装置 性能試験
    冷房装置 性能試験

    車両に搭載された冷房装置と同じ温度等の条件で試験装置から電源を供給し、冷房装置各機器の電流・電圧や吹き出し温度などの測定を行い機器の性能が満たされていることを確認します。

PAGE TOP